学校法人松原学園 松原ひかり幼稚園

Now Loading...

火事の避難訓練
2019/12/18
今月の避難訓練を行いました。
今回は、昼食もすみ、午後の保育の最中に、園庭の隣のお家から火が出たという想定でした。
課題は2つ。
1、つぼみ組さんが動いてくれるか
2、ハンカチを持っていない子どもはどうするのか

1.つぼみ組さんがお昼寝中という状況で、あえて試してみました。
ちゃんと起きてくれるかな・・・
泣いてしまって動かなくなるのかな・・・
と心配しましたが、こういう練習も必要です。
機嫌が悪く起きない子やぐずる子どももいましたが、
全体的に思ったより、動いてくれました。

お昼寝中の避難訓練は初めてでしたので、課題が残りました。
靴を履かせるのか、素足で逃げるのか・・
訓練で足を怪我してもらいたくないので、2歳児さんには履いてもらいましたが、時間がかかりました。
実際煙が立ち込めてくると、履かせている暇はないでしょうね。

  


2.ハンカチのない子はどうするのか。
子どもたちが保育室にいるときに火災が起これば、お部屋にかけてあるタオルをもって避難できますが、
保育室以外にいるときに、煙が立ち込めてきたら?
腕で口や鼻を押さえる、カラー帽子があれば、ハンカチ代わりにするとか、
訓練の際は害もなく、なんとかなっていますが、
実際、園庭や駐車場に避難したとしても、近くで燃えていれば、煙の害は防ぎきれません。
やはり少しでも害を少なくするために、ポケットにハンカチを常備しておいていただきたいと思います。

訓練を重ねるごとにスムーズに避難できるようになっています。
スポンジのように吸収していく子どもの姿には、本当に感心します。
3学期は、一日のうち、いつするか予告なしに、実際により近い状況の中で、
行ってみたいと思います。

 
防災頭巾とタオルをとりにいく子どもたち。
年少組さんでも素早い行動ができます。



さっさと賢く動けました。






土が少しぬかるんでいたので、ここで集合






一覧へ戻る